VOATのカラオケ必勝法!!

歌が上手くなる豆知識
『共鳴』

声帯で発声した振動は咽頭腔、鼻腔、口腔といった「共鳴腔」で共鳴します。

何人かの人が同じ音程で歌っていても、一人一人の声を聞き分けられるように、それぞれ声の音色には差があります。その人独特の共鳴があって、その共鳴は倍音の量によって決まります。

 

息と声の流れ、及び共鳴感覚

「身体全体を一つの楽器としてとらえ、全身に響かせる。」とよく言われますが、実際に共鳴する場所は部分的で、全身ではなく、「声」という音源の出ていく上の部分、

1.口の中(口腔)

2.鼻の中(鼻腔)

3.声帯のある喉の周り(咽頭腔)

以上の三部分が共鳴腔と考えられています。

 

まずは、声は息の流れに乗っていくので、上手な共鳴を得るために息の流れを調節できるようにすることです。

息の流れは大きく分けて三つです。

 

1.口からのみの息の流れ

2.鼻からのみの息の流れ

3.口と鼻の両方からのみの息の流れ

 

1.口からのみの息の流れ

口で呼吸をし、「HAAAA・・・」(ハァー)無声音の「H」から、有声母音の「A」を出します。鼻をつまんで音色が変わらないことを確認しましょう。今度は手のひらで口を押さえてみます。声も息も止まることを確認しましょう。

*声は低めの方が感じがつかめます。

 

2.鼻からのみの息の流れ

鼻からだけの呼吸をしながら、最初は口を閉じて、舌を前歯の内側の付け根にひっかけたまま「NNNN・・・」(ンー)と声を出しましょう。そしてだんだん口を開けていってみましょう。口を押さえても音色が変わらないことを確認しましょう。今度は鼻をつまんでみます。息も声も止まるのを確認しましょう。

 

3.口と鼻の両方からの息の流れ

「MAAAA・・・」(マー)で声を出します。鼻をつまんでも、逆に口を押さえても、両方とも息も止まらず、音色が変わることを確認しましょう。

*ボーカル的には・・・

鼻の共鳴を使うよりも、口腔と上咽頭の共鳴を主体にした方がいいです。

口腔だけの声は、身体内部で感じる振動感覚を口腔の前歯を中心に感じます。

それに対し、口腔プラス上咽頭の声の場合は、その振動感覚を上咽頭部に感じます。そして口腔中心の共鳴は、低めの音の方が出しやすく、上咽頭中心の方は高めの方が出しやすいです。つまり・・・

→胸声区・・・口腔の共鳴が望ましい。

→頭声区・・・上咽頭部の共鳴が望ましい。ということになります。

*声全部が鼻にかかるくせをつけてしまうと、高音、低音とも鼻に共鳴してしまいがちになり、表情のない、ダイナミックさに欠ける歌声になってしまいます。

 

共鳴腔の働き

共鳴腔の働きには主に三つのものがあります。

1.声量を増幅する。

2.音色を調整する。

3.母音および子音をつくる。

 

無料体験レッスン お申し込みはこちらから マンツーマンで45分